押しつけがましいと感じる文章のクセ - Liberal Arts Affiliate Blog by 佐々木優

RSSホーム

押しつけがましいと感じる文章のクセ


あなたは読んだ瞬間に押しつけがましいと
感じてしまった文章がありますか?


その代表的な書き方が、「あなたは〜ですよね」というものです。

メルマガに多い使用例をあげてみます。

・あなたは稼ぎたいですよね。
・簡単に稼げるのは魅力的ですよね。


他には「あなたは〜ではありませんか?」というものもあります。

・あなたも同じ思いではありませんか?
・あなたは不安ではないですか?


こういう文章がきたらたいていの場合は、
大きなお世話だと思ってしまいます。


なぜ、そう思ってしまうか、
あなたはどう思いますか?


それは、書き手がスキル不足だからです。



相手の思っていることを先読みして当てることは

「コールドリーディング」と呼ばれていて
セールスでよく使われるテクニックです。



相手の気持ちがわかっているよというアピールなのですが、
相手が自分のことをわかってくれていると
思ってくれなければ完全に逆効果です。



そのことをわかっていなくて、
押し付けになってしまっている書き手がたくさんいます。


1行読んで押しつけと思ったなら
その人の文章は読む価値はありません。


あなたも、テクニックを中途半端にせず、
きちんと使えるようにしましょうね。


ここまでお読みいただき
ありがとうございました。


■■■ 編集後記 ■■■

押しつけがましい文章のもう1つは、
やたら「私は」という文章です。


私は〜と思います。
私は〜を知っています。


そう書かれていたら、
「あ、そう?」と思うだけで、
自分には関係ないと思ってしまいます。


「私は」を使うときは、決して上から目線にならないように
気をつけて使うようにしましょうね。



佐々木優(リベラルゆう)


メルマガで毎日役立つ情報をお届けします。
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://my24p.com/p/r/j1YDPxp3

2017-05-26 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © Liberal Arts Affiliate Blog by 佐々木優 All Rights Reserved.
特電法表記  Privacypolicy  当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます