人に短所なんてない! - Liberal Arts Affiliate Blog by 佐々木優

RSSホーム

人に短所なんてない!


あなたの短所は何ですか?


採用面接で
よくこんな質問をする面接官がいますが、
私は、この質問をする面接官は
人事失格だと思っています。


リクルートやマイコミのサイトには、
この質問をする意味が書かれていて、
・誠実さ
・客観性
・課題解決能力
を見るためだそうです。


短所は誰にでもあるものだから、
それを隠そうとせずに、
正直に答えることが人間性に関係し、
自分の短所を客観的に見られるかどうかと
その対処をしているかを見るのだそうです。


そう言われれば、なんとなく
そういう気になる人も多く、
短所を聞くと言う最低の質問をする
人事ができてしまうのですが、
バカ言ってはいけません。


自分の短所をバカ正直に
他人に話すことと人間性が関係しますか?


それが客観的かどうか
本人のことを何も知りもしない人事に
なぜわかるのですか?


短所は直さないといけないと
なぜ押し付けるのですか?


本人が短所を直さないといけないと思うなら
自分で直せばいいだけです。


それを他人に話す必要はありません。


面接官の人事や役員が
プライバシーに土足で上がり込んで
何とも思わないようなら
その会社は、あなたのプライバシーを
軽視するでしょう。


会社のためなら
個人のプライバシーは侵害されてもいいと
潜在意識で思っているからです。


そんな人事や役員のいる会社は
ブラックに変身する可能性が高く、
会社がそんな人事を規律で縛らない限り、
内部で暗黙の圧力がまかり通ります。


短所だって、
見かたによっては長所となります。


直すのではなく、
人との関係で人に迷惑をかけないなら
別にそのままで構わないと思います。


それが、個性につながるからです。


あなたが自分で短所だと思っていることは
実は他人から見たら長所かもしれません。


短所だと気にして、
引っ込み思案になったり、
行動を控えたりすることが
最もよくないことです。


あなたは、あなたのまま
堂々と行動してくださいね。


ここまでお読みいただき
ありがとうございました。


リベラルゆう

編集後記はメルマガで!毎日役立つ情報をお届けします。
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)

ブログランキング・にほんブログ村へ
2017-05-07 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © Liberal Arts Affiliate Blog by 佐々木優 All Rights Reserved.
特電法表記  Privacypolicy  当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます