ブレーキ基準を満たさなくても合格の恐怖 - Liberal Arts Affiliate Blog by 佐々木優

RSSホーム

ブレーキ基準を満たさなくても合格の恐怖


ブレーキの利きの基準以下を認識しながら、

停止距離の基準を満たしているとして

再検査を任意にしたままの状態で

町中を車検不合格の車が走り回るのを

あなたはどう思いますか?



ブレーキの基準を満たしていなくても

停止距離の基準を満たしているなら、

ブレーキの基準が間違っていることになり、

車検の意味がないことになってしまいます。



全国で車検ミス64万台という

福井新聞の記事のことです。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/116321.html
(※新聞記事なのでリンク切れ前にどうぞ)



車検の意味がないことにしてまで、

基準以下を合格にしていたことの責任を

取りたくないのだろうかと

邪推してしまいたくなるような対応ですね。



自分の責任と国民の命と

どちらが大事なのか、

担当者にじっくり尋ねてみる人は

いないのでしょういか。



停止距離の基準を満たしている

という理屈も

最初にこの結論ありきの理論武装だと

思えてしまいますね。



人は、まず結論ありきで物事を考えると

正しい道に進むことは

決してできなくなってしまいます。



不都合な事実が判明すると

その事実自体をなかったことにして

土に埋め戻してしまうというような

行動を引き起こすことになり、

真実は遠い闇のなかですね。



ネットビジネスでも同じように

まず結論ありきのものがたくさんあります。



例えば、全額返金保証のついた商材は、

返金保証する人がほぼ0という結論を基に

返金の条件を決めているのです。



そんな条件をつけるくらいなら

いっそ返金しないとした方が

潔いのではないかと思えるのですが、

返金保証があることが購入条件の人もいて

なかなか返金なしにはできないようです。



あなたも、自分で商材や塾を選ぶときには

返金保証という項目のような

本筋以外に目を奪われることなく、

その商材や塾が本当にあなたのためになるか

本当に稼げるかを判断材料にしましょうね。



万が一返金してもらったとしても、

それはその商材にかけた長い期間が

パーになったという意味しかないのですよ。



ここまでお読みいただき

ありがとうございました。



リベラルゆう

編集後記はメルマガで!さらに役立つ情報をお届けします。
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)

ブログランキング・にほんブログ村へ
2017-03-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © Liberal Arts Affiliate Blog by 佐々木優 All Rights Reserved.
特電法表記  Privacypolicy  当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます