失敗した回り道も武器になる! - Liberal Arts Affiliate Blog by 佐々木優

RSSホーム

失敗した回り道も武器になる!


あなたは、「守・破・離」という言葉を

聞いたことがありますか?



師匠と弟子の関係の進み方の理想形を

示した言葉ですね。



元々は日本の茶道や武道で

使われていた言葉ですが、

現在ではスポーツや仕事、勉強などで

成長するための弟子の心構えとして

使われています。



ネットビジネスでもよく師匠が最初に

「必ず、守・破・離を守るように」

と念を押すことから始まりますが、

これは、それが最も早く

弟子を上達させられる方法だからですね。



しかし、弟子の方は、もどかしくなったり

他の方法に目が行ったりして

なかなか最初の「守」を守れなかったり、

自己流で進めたりしがちです。



それで失敗したり行き詰ったときに、

弟子が自分の判断でやったことでの

失敗の原因が師匠には判断できないため

そのことに関しては指導のしようがなく、

どうしようもなくなることが起こります。



その場合、弟子は自分で判断するしかなく、

辞めるか、自己流を貫くか、

再度元に戻ってやり直すかの

選択を迫られることになるのですね。



師匠と弟子の関係を続けたい場合は

再度元に戻ってやり直すしかありません。



大きな回り道になることになります。



しかし、この大きな回り道ですが、

私はどんどんしたらいいと思っています。



もちろん、守の段階を終えて、

破の段階になってから、

自分の思うやり方を試すのが理想ですが、

その段階になる前に自分を試すことも

後で決してマイナスにならないからです。



うまくいかなかったら、

今まで以上に師匠の言葉を信じて進み、

もっと頑張ればいいのです。



回り道をしたことは、

決してマイナスにはなりませんし、

失敗したならその失敗経験は

大きな財産になります。



決して「守・破・離」を

守るなと言っているのではありません。



「守・破・離」を守った方が

確実に早く上達できますが、それでは

失敗を知らないまま上達することになり、

後で失敗する人へ

経験からのアドバイスができません。



「失敗することも武器にする」

そのくらいの気持ちを持って

どんどん行動してほしいと思います。



ただ、基本的には

師匠の言うことの「守」を続けることは

1人前になるまでは必須だということは

言うまでもありません。



失敗を恐れないでやってみることも

大切なことですので、

あなたもどんどん行動することを遠慮せず

頑張りましょうね!



ここまでお読みいただき

ありがとうございました。



リベラルゆう

編集後記はメルマガで!さらに役立つ情報をお届けします。
メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)

ブログランキング・にほんブログ村へ
2017-03-12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © Liberal Arts Affiliate Blog by 佐々木優 All Rights Reserved.
特電法表記  Privacypolicy  当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます