食べたい、知りたい、認められたい!を利用 - 自由を掴める副業情報への扉 〜7つのステップ実践編〜

RSSホーム

食べたい、知りたい、認められたい!を利用

収入が10万円上がったら

あなたは何に使いますか?



美味しいものを食べるのも

どこかへ出かけるのもいいですし、

買いたかった趣味の品物を買うことも、

我慢していた習い事にもいけますね!



この聞いたことがあるような文章は

コピーライティングの一例として

実際問いかけとして書いてみたのですが、

コピーライティングで大切なことは、

心に響く文章を書くことです。



それは、名文を書くということではなく、

読んだ人が、なんらかの感情を抱く文章

ということですね。



そのためによく使われるテクニックが、

人の欲求に訴えかけるということです。



アメリカの心理学者アブハム・マズロー氏は

人の欲求は5段階あると言っていますが、

それは次の5つになります。



1.生理的欲求

2.安全・安定欲求

3.社会的欲求

4.尊厳・承認欲求

5.自己実現欲求



この5つの欲求に訴えかける文章を書くと

読者は刺激されて反応してしまう

ということなのですね。



まず生理的欲求に関しては、

このメルマガの最初の問いかけに続く文章が

それにあたります。



「口に入れた途端ふんわり柚子の香りのする

 トロトロの生クリームの乗った焼き立ての

 アップルパイを食べてみませんか?」

という文章はこの生理的欲求のうちの

食欲を刺激している訳ですね。



経済的安定を望むのは2の安全・安定欲求で

会社員でいたいという気持ちも経済面では

ここになりますね。



コピーライティングとしては、

「経済的に安定するために、もう少しでも

 収入があればいいと思いますよね」

というような文章になります。



さらに、会社員でいたいという場合に、

会社に所属することで安心できて、

仲間がいることで社会的不安から逃れられる

という場合は3の社会的欲求になります。



「このような世の中で、いつ自分の会社が

 なくなったり、どこかに買収されたり、

 ということがないとも限りません。

 その場合あなたはどうしますか?」

というコピーになる訳ですね。



さらに会社で認められたいという4の段階は

「あなたは、これを実行するだけで、

 今の何倍も成約がとれて売上げが上がり、

 上司に認められる方法を知りたいですか」

という尊厳・承認欲求に訴えるのです。



最後の自己実現欲求の5の段階では、

「なりたい自分を思い出し、そこに向かって

 努力をすることが、今のあなたにとって

 最も意義のある時間の使い方になります」

と読者の内面を思うコピーになります。



ネットビジネスで最も大切な技能は

コピーライティング技能だと言われますが、

こういういろいろなテクニックを

少しずつ覚えて使えるようになることで

格段に役立つ文章が書けるようになります。



あなたも、ぜひいろいろな文章を読んで

ここはどんなテクニックが使われているかを

確認しながら、

自分の書く文章に応用できるように

頑張っていきましょうね!



ここまでお読みいただき

ありがとうございました。



■■■ 編集後記 ■■■


マズロー氏は晩年に人の欲求の5段階の上に

6段階目として、

・自己超越

の段階があると発表したそうです。



目的の遂行・達成だけを純粋に求める段階で

ここに至るともはや欲求ではないですね。



もちろん、6の段階を求める人は、

もはや卓越した人なので、

その人に向けたコピーは書けませんし、

そこを目指せというのも無理があります。



何を言っても響かなさそうで、

マズロー氏はなぜ

6を作ったのでしょう?(笑)



リベラルゆう

メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)

ブログランキング・にほんブログ村へ
2016-10-31 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 自由を掴める副業情報への扉 〜7つのステップ実践編〜 All Rights Reserved.
特電法表記  特商法表記  当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます