近鉄車掌が処分されるやるせない訳とは? - Liberal Arts Affiliate Blog by 佐々木優

RSSホーム

近鉄車掌が処分されるやるせない訳とは?


近鉄の車掌さんが、東花園駅で乗客に囲まれ

その対応中にいきなり職務を放棄し、

線路から飛び降りた事件に対して、

近鉄は、その社員の行動が遺憾なもので

社内規定で処分するとしていますね。



これに対し、職場を逃げてはダメとか、

悪いのはクレーマーのような乗客だとか、

会社が社員を守らないでどうするとか、

賛否両論が飛び交っていますが、あなたは、

会社は社員を守ってくれると思いますか?



近鉄のような大企業になると、

社員数は連結で3万人にもなり、

会社が社員一人一人のことを

認識していることはありえません。



会社が1車掌に求めることは、

円滑な業務の遂行であって、

たとえどんな乗客が相手だとしても

一切の問題を起こさないことが

最も望ましいことなのです。



そんな会社にあって、

問題を起こしたあげく、

職場放棄してニュースになる事件を起こせば

本人に非があるかどうかに関係なく、

どう処分されるかはわかりきったことです。



ニュースになった事件ということで

たまたま個人が認識されたとはいえ、

近鉄にとって

その社員はあくまで3万人の中の1人という

数字でしかありません。



さらに、近鉄からすれば、

他の誰とでも交換が可能な「1」という数字

でしかないのが現実です。



そう言ってしまえば、

あまりに厳しく、あまりに空しいと

思ってしまいそうですが、

それがほとんどの大企業の現実になります。



単なる数字の「1」を抜け出すには

他の人と違った自分だけの能力や業績を

会社に認められるか、もしくは

会社に頼らない自分独自の生き方を

探すしかありませんね。



どちらにしても

他の人に代えがたい人間になることが

必要なのですね。



そのために何をしたらいいのかと言うと、

私が一番お勧めするのは、

会社にも一目置かれる実績をあげて

自分自身に自信をもつことです。



そのために私がお手伝いできるのは

ネットビジネスになりますので、

ネットビジネスで稼げるようになって

会社に全面的に頼らないでいい経済的基盤を

つくりましょう!



でも、会社は副業を認めていないので、

無理だという人もいるでしょうが、

もちろん会社に報告する必要はないですし、

顔出しや名前の公開も不要ですので

問題は起こりません。



あなたが今考えないといけないことは、

いざとなったら会社が守ってくれるとか

なんとかしてもらえるというような

他人任せの将来に頼らず、

自分自身で自分の将来を切り開くことです。



あなたが自分の将来を切り開くことを

私は応援しますし、

出来る限りサポートさせていただきます。



あなたがネットビジネスで

稼げるようになるまで、

私と一緒に頑張りましょうね!



ここまでお読みいただき

ありがとうございました。



■■■ 編集後記 ■■■


「日本でいちばん大切にしたい会社」

という坂本光司さんが書いた本を

あなたは読んだことがありますか?



もうすでに5巻まで発行されている

ベストセラーで、

これを読むと、日本にも社員を大切にする

いい会社がいろいろあることがわかります。



会社が社員を大切にして、

そのことを社員がわかっていて

会社のため、社会のために働くことで

会社のある地域自体が会社を盛りたてる。



そんな会社だと

社員ひとりひとりは数字ではありません。



そんな会社がふえたらいいなと思いますが、

間違ってはいけまないのは、

そんな会社が少ないからこそ、

こんな本が作られるのですね。



私もいつか、

自分の会社として従業員を雇うときには、

こんな本に取り上げられるような

会社をつくれたらいいですね...。



おっと、

遠い目をしている場合では

ないですね。(笑)



リベラルゆう

メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)

ブログランキング・にほんブログ村へ
2016-09-28 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © Liberal Arts Affiliate Blog by 佐々木優 All Rights Reserved.
特電法表記  Privacypolicy  当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます