これってお笑い?それともいじめ? - 自由を掴める副業情報への扉 〜7つのステップ実践編〜

RSSホーム

これってお笑い?それともいじめ?


京都府の免許更新センターが、

高齢者のことを「ひどい運転者」

Terrible Driver

と表記していたことを

あなたはどう思いますか?



京都府に9月1日にオープンした施設で

20日に京都府警から指摘されるまで

20日間もそう表記していたようですが、

原因は納入業者の翻訳ミスのようです。



どこをどう翻訳したら

高齢が「ひどい」になるのか不思議ですが、

街中では「間違いではない」「事実だ」

という声が意外に多いみたいですね。



高速道路の逆走とか、交差点での衝突とか

高齢者の事故はあとをたちません。



京都府では、2005年に10.0%だった

事故に占める高齢者の割合が、

2014年には17.7%に増加し、

「ひどい」運転に悩まされている実態から

意図的に間違ったとさえ言われています。



しかし、一律に「ひどい」よばわりせずに

個々に運転技能検査を行なって、

免許の更新をするなどの対策をして、

すべての高齢者を優良運転者にする努力を

してほしいものですね。



ネットビジネスでも、

高齢者がどんどんビジネスを始めていて

最近では年配の人から

質問や相談をいただくことも

増えてきました。



相談の多くは、やはりこの年齢でも大丈夫か

というものですが、

もちろん、ネットビジネスに

年齢は関係ありません。



ただ、気を付けてほしいことは、

高齢者にありがちの、

自己流をすぐ行なってしまうことです。



自己流を行なってしまうことで、

その人は自分で成長を止めている

ということを認識すべきなのですね。



最初はあくまで、謙虚に

言われたまま時間がかかっても

じっくり取り組むことが

上達の早道です。



ここまでお読みいただき

ありがとうございました。



■■■ 編集後記 ■■■


自己流はコピーライティングで

とくに現れます。



指導しても無駄だと判断されると、

指導が中途半端になり、

本人に原因がわからないまま、

成長が止まるのです。



私も自己流にならないように

いつも気を付けています。



あ...、

内容はいつもオリジナルの

自分ならではの記事を心掛けているので

そこは自己流と言うか自分流ですね。(笑)



リベラルゆう

メルマガ登録はこちら
  ↓ ↓ ↓
https://brutality-ex.jp/fx40497/2qxuIX
(不要の場合もこちらから解除できます)

ブログランキング・にほんブログ村へ
2016-09-29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 自由を掴める副業情報への扉 〜7つのステップ実践編〜 All Rights Reserved.
特電法表記  特商法表記  当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます